妊活・妊娠中におすすめの葉酸サプリ

葉酸ノート

葉酸の知識

万能栄養素「葉酸」とは?葉酸の効果・効能をすべてご紹介!

更新日:

葉酸とほうれん草

妊娠中の方は「葉酸」というワードをよく耳にしているかと思いますが、実は普段の生活や、妊活をする上でも男女ともに必要な栄養素が含まれています。

妊活中の方にはどのような効果があるのか、妊娠中・産後の方にはどのような効果があるのか、また不足することでどのようなリスクがあるかなど、様々な観点から葉酸の効果をご紹介していきたいと思います。

また、うつ症状の改善や美容にも嬉しい効果がありますので、是非参考にしてみてください。

葉酸とは

葉酸はビタミンB12とともに赤血球の生産を助け、体の発育や血液の生産に重要なビタミンです。また、細胞の分裂や成熟を大きく左右する栄養素なので、特に胎児にとっては重要な栄養成分となっています。

1日の摂取量の目安は、18歳以上の男女ともに240マイクログラムとされており、妊娠期間中は480マイクログラムの摂取が推奨されています。

しかし、葉酸は水溶性のビタミンなので、光や熱に弱いため食品から摂取することが難しく、厚生労働省ではサプリメント(合成葉酸=モノグルタミン酸)で摂取することを推奨しています。

参考『日本人の食事摂取基準(2015 年版)

葉酸の効果

妊娠中において葉酸はとても重要な役割を担っています。葉酸を摂取することで、お腹の赤ちゃんやママの身体にどのような効果があるのか見ていきましょう。

赤ちゃんの先天性障害のリスク軽減

葉酸を摂取することで予防できる先天性障害は「神経管閉鎖障害」です。胎児の細胞分裂がさかんな妊娠初期(4週~12週)において、先天性の疾患をまねく危険があり、特に「二分脊椎症」などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなると言われています。

二分脊椎症とは、脊髄の神経組織が脊椎の骨により覆われていないことから、神経組織に障害が生じるため、下肢の運動障害や排泄機能に障害が起こる病気です。また、神経管の上部に閉鎖障害が起きた場合、脳が形成不全となり「無脳症」と呼ばれ、流産や死産の確率が高くなってしまいます。

妊娠3か月までの妊婦さんが葉酸を摂取することで、摂取していない場合に比べて、これらの先天性障害を70%も回避できるということが研究でわかっていますので、積極的に摂取することをおすすめします。

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)の予防

一般的な鉄分不足による貧血は「鉄欠乏性貧血」と呼ばれますが、葉酸やビタミンB12が不足することで起こる貧血を「悪性貧血(巨赤芽球性貧血)」と呼びます。

巨赤芽球性貧血の症状としては

疲労感、眩暈、酸欠状態、悪寒、頭痛、顔面蒼白、食欲不振、舌炎、うつ症状、手足のしびれ

などの症状がありますので、必ずかかりつけの医師に相談してください。妊娠中は積極的に赤ちゃんへ酸素を送るので、貧血症状が出る妊婦さんが多く見られます。

葉酸には血液を作り出す効果がありますので、妊娠初期だけでなく、中期~後期にかけてもしっかりと摂取するようにしてください。

産後の体調回復をサポート

実は妊娠中だけでなく、産後のママにも葉酸は重要な効果を発揮してくれます。産後の母乳は血液から作られているので、血液を作り出してくれる葉酸を摂取することで、質の良い母乳を作り出すことが出来ます。

その他にも、葉酸の効能である「細胞の分裂や成熟」により子宮の回復の手助けや、ホルモンバランスの乱れを整えてくれる効果がるので、産後の乱れたホルモンバランスや体力回復をサポートしてくれます。

出産後は心も体も疲れ切った状態で育児がスタートします。少しでも万全な状態で育児に取り組めるように、産後も葉酸の摂取を続けてみてくださいね。

妊婦さん以外の葉酸の効果

葉酸の効能には、妊娠・出産以外にも必要な栄養素として推奨されています。妊活や美容、病気の改善にも効果が期待されているので、いろんな角度から葉酸の効果を見ていきましょう。

妊活~女性編~

葉酸の効果である「細胞の分裂や成熟」と「血液を作り出さす」働きにより、子宮の血行が良くなり子宮内膜が厚くなることで、受精卵が着床・成長しやすくなります。

妊活~男性編~

不妊に悩む夫婦は6組中1組となっており、不妊の原因の半分は男性側にあると言われています。葉酸が不足することで精子の運動量が低下したり、精子の奇形率の上昇、DNA細胞にリスクが生じたりするのです。

卵子同様、精子の細胞の分裂や成熟にも効果がありますので、夫婦ともに摂取することをおすすめします。

うつ症状の改善

妊娠後に、「金銭的な不安」「体調不良」「漠然とした不安」から、マタニティーブルーや産後にうつ状態に陥ってしまう方が多くいらっしゃいます。

ホルモンバランスが乱れて不安定な気持ちになってしまうのですが、葉酸には脳の神経に働きかけてリラックスさせる効果(ドーパミンやセロトニンの神経伝達物質を活性活かさせる効果)があるということが、医学研究からもわかっているそうです。

美肌効果

細胞の働きを活性化させる葉酸は、たんぱく質を合成させる働きがあるため、肌のターンオーバーにも効果を発揮してくれます。また、血液を作り出すことから、くすみのない血色の良い肌を作り出すことにも役立ってくれます。

ダイエット・喫煙者への効果

ダイエットで栄養バランス・ホルモンバランスが乱れてしまっている場合、貧血を起こしやすくなるので、葉酸の摂取を意識することがおすすめです。また、タバコを吸う人は葉酸が破壊されて不足しやすくなっているので、こちらも積極的に摂取することがおすすめです。

心臓病の予防

葉酸は細胞の中で、動脈硬化の危険因子(ホモシステイン)を、血液中のコレステロール値を下げる(メチオニン)アミノ酸に変換する働きがあります。

血中のホモシステイン値が低下することで、冠動脈が動脈硬化などの原因で狭くなったり、閉塞したりして心筋に血液が行かなくなる虚血性心疾患の予防につながると、大きな期待が持たれています。

葉酸の効果まとめ

赤ちゃんの手

今回は様々な観点から葉酸の効果についてご紹介しました。

妊活や妊娠といった経緯から葉酸について耳にしたり、調べてみたりすることが多いかと思いますが、病気や美容など、私たちの日常にとっても必要な栄養素だということがわかりました。

厚生労働省では、男女ともに1歳から摂取することを推奨していますので、細胞の成長を促したり、血を増やす作用がある葉酸は積極的に摂取していきたいですね。

-葉酸の知識

Copyright© 葉酸ノート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.